香典返しが割引価格で1個より送料無料。のし紙や挨拶状も無料。複数配送や一括配送も簡単注文!

 

香典返しのマナー

「香典返し」にまつわる疑問やマナーをまとめました。普段、執り行うことが少ない行事ですので、迷うことも多いと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。

■ 香典返しとは

昔は不幸があったとき、親戚の人や近所の人々が物を持ち寄って故人の供養をしたそうです。現在では、それらの物が「香典」や「供物」にと形を変えてきましたが、悲しみに沈む遺族の方々を助け、励ますという気持ちの表れには変わりありません。遺族の方々は、こうした気持ちを十分にくみ取り、四十九日の忌明け後に「いただいたお香典により、無事法要を済ませることができました」とお礼を込めて丁寧にお返しを贈ります。

■ 香典返しの時期

<< 仏 式 >>
七七忌(四十九日)の法要をもって忌明けを迎え、忌が明けるということから、忌明け後に、供物、供花、香典を頂いた方全員に、無事忌明けを迎えたお礼として品を贈ります。なお、忌中が3ヶ月に渡る場合は、切り上げで五七忌(三十五日)をもって忌明けの法要を行うところもあります。
<< 神 式 >>
一般的に、50日目の霊前祭(50日祭)をもって、仏教でいう忌明けとなりますので、その後にお礼の品を贈ります。なお、仏式同様に、3ヶ月に渡る場合は、切り上げて30日祭でも良いとされています。
<< キリスト教 >>
本来キリスト教には、香典返しはありませんが、日本では古来の風習にあわせて行っているようです。仏教でいう忌明けは、カトリックでは、30日目の追悼ミサ、プロテスタントでは1ヶ月後の召天記念会となり、その後に記念の品を贈ります。

■ 香典返しの相場

いただいたお香典の1/3〜半分位(半返し)のご予算でお返しをする場合が多いようです。また、葬儀の際に「即日返し」で返礼された場合に、忌明け後、挨拶もかねて贈り物を届けられる 場合がありますが、そのときは高額の香典の方を対象にした上で「即日返し」分を差し引いて予算立てをします。

■ 香典返しの品物

香典返しは不祝儀のお返し・お礼なので縁起を担いで洗剤・石鹸や好き嫌いの少ないお茶など、あとに残らないもの(消えて無くなるもの)が良いとされます。他には実用品としてタオル日常生活で役立つ寝具やマットなどもよく用いられます。近年ではカタログギフトも多くご利用されています。

■ 香典返しに添える挨拶状(お礼状)

本来は先方にお伺いし、無事法要を済ませることができたお礼を申し上げるのがマナーなのですが、(香典返しに限らず、お礼は直接申し上げるものなのですが)、近年では発送するケースが増え、直接お礼を申し上げることができないかわりに挨拶状(お礼状)を添えて贈ります。
当店では定型文挨拶状(一般的な文面)宗教別オリジナル挨拶状(故人名・差出人あり)をご用意しております。

■ 満中陰志とは

満中陰法要(忌明法要)の時の志という意味合いがあり、おもに関西を中心に西日本地区で多く使われます。「中陰」とは仏教での考えであり、この世とあの世の間と言う考え方です。死後四十九日かけてあの世へたどり着いた(無事成仏した)ことを「満中陰」と言います。「志」とは、謝意を表す言葉で「おかげさまで無事満中陰を迎えました」という感謝の気持ちを表しています。

■ 香典のお返しをもらったら

香典返しの品物を受取ってもお礼の電話や手紙を書いたりすることは控えるのがマナーです。
ただ、送った方は、着いたかどうか気になるでしょうし、四十九日が過ぎると人気も絶えて寂しさが募るころですから、ご遺族の方との親交が深い間柄であれば、励ましの手紙を書いたり、電話をするのもよいでしょう。

■ 香典返しを辞退されたら

例えば一家の主が亡くなった時、「遺された家族や遺児の為に少しでも役立てて下さい。香典返しは謹んでご辞退申し上げます」という手紙が添えられていたり、或いは「故人に今までお世話になったご恩に比べれば本当に心ばかりの香典です。 香典返しをご辞退申し上げます」といった手紙が添えられていたりという話を聞きます。 香典返しは忙しい中を時間を割いて故人のために葬儀に参列していただいたことへのお礼であったり、故人が生前受けた恩に対するお礼であったり、故人の死に際して相手から受けた温かい励ましに対するお礼であったりするため、基本的には辞退された相手にもお礼状を添えて香典返しを差し上げるのが本来のマナーです。ただ、上記で紹介した「遺児の学費、生活費に」といった主旨でご辞退されるような場合には、お気持ちをありがたく頂戴し、丁寧にお礼状を出すのが良いかもしれません。

■ 会社・団体への香典返しについて

会社や団体からいただいた香典に対しては、臨機応変に対応されてるようです。例えば大企業などでは形式的なものなので、必要ないと判断される方が多いようです。ただ会社のごく親しい方々からいただくような場合はきちんと香典返しをされるようです。「○○課一同」という名前で戴いた場合は、皆様で召し上がっていただけるお菓子やお茶などを返すのもひとつの方法です。また、いただいた額にもよりますが、通常の個人で頂くお香典金額と変わらないようであれば個別に返礼されるほうがいいでしょう。

■ 高額なお香典をいただいたら

香典返しの額については一般的に三分の一から半返しというのが定着していますが、高額な香典を贈られる方は特別な気持ちがあってのことでしょう。そのようなお気持ちの方にあくまでも半返しでとこだわる必要はないでしょう。相手の気持ちを尊重してお世話になった御礼としてのお品物を贈るようにしましょう。当店のお客さまの場合、2千円台から5万円まで幅広い価格帯から選ぶことができるカタログギフトを利用される方が多いです。

■ 御見舞いお礼と合わせて

入院中にお見舞いを頂いたが残念ながら快癒せずにお亡くなりになられた場合に返礼する際は「御見舞御礼」としてお返しをご用意するのが一般的です。相場は頂いた額の三分の一から半分程度を目安に黒白の結び切りのかけ紙を用いて弔事包装します。また本来であれば香典返しとは別々にお贈りするのが丁寧ですが、ご来店頂いてますお客様におかれましては、香典返しと重なる場合が多いと思います。その際はお見舞い返しとお香典返しと別々の品物をご用意して忌明け挨拶状とお見舞い礼状の2種類を付けて、49日の忌明け後に同梱配送します。もしくはお見舞いのお返しを加えた額でお香典返しをご用意する際は一言「お見舞いも頂き有難う御座いました」などお見舞いへの御礼が含まれている事が相手に伝わるようにお見舞い礼状も添えるようにします。

■ 喪中の時のお中元・お歳暮について

◆送り先が喪中の場合…
喪中の時控えた方がいいのは『お祝い事』です。お中元やお歳暮は、日頃お世話になっている方への御礼と季節の挨拶でお祝い事ではないので贈っても差し支えはありません。ただし白無地の短冊などに「御中元」や「御歳暮」と書いて贈るようにします。また、不幸があったばかりであれば49日の法要後か忌明け後にしたほうがいいでしょう。もし、49日が過ぎていない場合や、相手があまりにも落ち込んでいるときなどは、少し時期をずらし『暑中御見舞・残暑御見舞・寒中御見舞』などで贈ると良いでしょう。

◆贈り主が喪中の場合…
先方に不幸があったわけではないのでお歳暮を贈っても結構です。ただ相手先によっては喪中であることを気にされる方もいらっしゃいますので、49日の忌明け後に水引をかけずに贈るといいでしょう。

■ 「即日返し」をした場合の香典のお返しについて

「即日返し」とは、告別式当日に、香典返しを渡してしまう事です。 この場合、用意しておいた香典返しが、いただいた香典に見合わない方へは 後日改めてお礼の品をお届けするのが一般的です。 時々、葬儀の時に「即日返し」を一律で返したから、香典返しはしなくてもいいの とお尋ねになるお客様がいらっしゃいますが、前述しました、生前お世話になった方や鄭重にご会葬頂いた方(特に高額の香典を頂いた方)には忌明けのご挨拶もかねて頂いた香典の約半分の金額から「即日返し」のご予算分を差し引いた金額ぐらいで返礼をお考えになられるお客様が一般的になりつつあります

■ 香典返しに商品券

最近は香典返しを商品券で用意されるケースも増えてきました。金額は半返しされる場合がほとんどです。香典返しに何を贈るかというのはあまり重要ではなく、どう感謝の気持ちを伝えるかが大切だと思います。露骨に値段が分かるので、抵抗があるというお声も聞きます。お受取りになる方の年齢や家族構成なども配慮しながらご一考下さい。

■ 香典のお返しが遅れた場合

通常、忌が明けて2週間以内位に届くように香典返しを準備されますが、うっかり手配が遅れてしまったり、取り込む事情等があり遅れた場合は、挨拶状に「ご挨拶が遅れた旨のお詫び」を一言付け加えて贈るようにしましょう。

■ 月日がたってからお香典をもらった場合

忌明け後にお香典をもらった場合はすぐにお返しを準備しましょう。品物と一緒に添える挨拶状はお心遣いのお礼とさっそく仏前に供えさせていただきましたなどの言葉を添えるといいでしょう。